【カンタン更新ホームページHPデモ体験できます。】
----------------------------------------

前の記事を見る »
2012.07.26

Live Security Platinumウイルスに感染した時の対処法

先日、クライアントさんのパソコンが「Live Security Platinumというウイルス対策ソフト」みたいなウイルスに感染してしまったので、削除してきました。

巷で話題になっているとはいえ、身近な人が感染していたという事もあり、これは多くの感染者がいるはず!ということで、この記事で解決のお手伝いができたらと思います♪

このウイルスはインターネットをしているだけで、ウイルス対策ソフトが入っていても、防御をくぐり抜けて感染してしまう様です。

すごくやっかいなウイルスです。

このポップアップが立ち上がっていたら、残念ながら感染しています。↓↓↓クリックすると拡大されます。

Live Security Platinum感染イメージ

パソコンを立ち上げると勝手に、いかにもウイルス対策ソフトっぽくスキャンが始まります。

その後、スキャンみたいなのが完了すると下の画像の様に、「もの凄く色々なウイルス等に感染してますよ。」、「削除するにはライセンスを購入してください。」の様な脅しをしてきます。

↓↓↓クリックすると拡大されます。

Live Security Platinum感染イメージ2

ちなみにこのウイルスに感染してしまうと、インターネットは立ち上がるがすぐに使えなくなってしまったり、エクセルやワード等全てのソフトが立ち上がらなくなってしまいます。

コントロールパネルも立ち上がらないのでアンインストールもできない状態になってしまいます・・・。

でも、どうしよもないからと言って、絶対にクレジットカード情報を入力して購入したらいけませんよ!

ここから本題です。
まずはこのウイルスを削除・駆除しましょう。

この偽ウイルス対策ソフト「Live Security Platinum」の有料版の「レジストコード」を入力して購入したことにします。

(1)、「レジストコード」をこちらのサイトから入手してください。
赤の太字の部分です。下記参照

↓↓↓クリックすると拡大されます。

レジストコード入手

(2)、「Registration」をクリックします。

↓↓↓クリックすると拡大されます。

レジストコード入力

(3)、入力画面が出てくるので、(1)で入手した「レジストコード」を入力して、「Activate」をクリックします。
※「Activate」クリック後[has been registered succesfully. Thank You for choosing our product!]と出ればOKです。

(4)、次に偽ウイルス対策ソフトの左のタブにある「Settings」をクリックします。

↓↓↓クリックすると拡大されます。

セッティング

(5)、「Settings」をクリックするとチェックボックスの画面がでてくるので「Advanced」項目の中の「Start with Windows」のチェックを外して、「Apply」をクリックして、右上の「×」を押して閉じてください。

偽ウイルス対策ソフトのバージョン!?によって「Apply」ボタンが無い場合があります。無い場合は外した状態で右上の「×」を押して閉じてください。

(6)、キーボードの「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を押して「タスクマネージャー」を立ち上げてください。

(7)、「Live Security Platinum」を選択して「タスクの終了」をクリックしてください。これでとりあえずはパソコン内のソフトは使える様になります。

(8)、次にパソコン内に潜んでいる、偽ウイルス対策ソフト本体の場所をつきとめます。
Windows Vista/7の人は画面左下の「Windowsアイコン」→「すべてのプログラム」を選択。

Windows XPの人は画面左下の「スタート」→「すべてのプログラム」を選択。

「すべてのプログラム」の中に「Live Security Platinum」があるのでこれにカーソルを持っていき右クリック→「プロパティ」をクリック。

(9)、「プロパティ」の中の項目「リンク先」のファイルパスを確認ください。

(10)、Windows Vista/7の方はこんなパス→C:\ProgramData\[30字程度のランダム文字列]\[同じ文字列].exe

Windows XPの方はこんなパス→ C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\[30字程度のランダム文字列]\[同じ文字列].exe

[30字程度のランダム文字列]\[同じ文字列].exeの部分は明らかにおかしな長い英数字なので、発見しやすいです。

文字列のイメージは下記参照。

↓↓↓クリックすると拡大されます。

文字列イメージ

(11)、エクスプローラーを開いて問題のフォルダをごみミ箱へ捨てて下さい。※一応ごみ箱の中も空にしましょう。ごみ箱アイコンを右クリックして「ごみ箱を空にする」でOK。

エクスプローラの開き方は下記を参照。
Windows 7の場合
↓↓↓クリックすると拡大されます。

エクスプローラーの開き方Windows7

エクスプローラの開き方は下記を参照。
Windows XPの場合
↓↓↓クリックすると拡大されます。

エクスプローラーの開き方WindowsXP

Windows Vistaは掲載してませんがWindows 7と同じ様な開き方だと思います。

※フォルダが見つからない場合は隠しフォルダに隠れている可能性が高いので、表示させましょう。
隠しフォルダを表示させる方法はこちらから。

(12)、フォルダを削除したら一度再起動してみましょう。

(13)、偽セキュリティソフトの「Live Security Platinum」が立ち上がらなかったら成功です。あと一息。

(14)、後は削除しきれなかったファイルを削除します。
Windows Vista/7
「コントロールパネル」→「プログラムと機能」→「Live Security Platinum」を右クリックで「アンインストール」

Windows XP
「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」→「Live Security Platinum」を右側の削除をクリック。

(15)、(11)で見たすべてのプログラムの中に「Live Security Platinum」があるので右クリックして削除。

これで全ての処理が完了です!
お疲れ様でした。

どうでしたか?直りましたか?
この記事を見て直った方は「ありがとう」ひと言コメントいただけるだけで力になれた実感ができて嬉しいです^^

ちなみにすぐにセキュリティ対策の為に、ウイルス対策ソフトを購入して、脆弱性対策アップデートもしてくださいね。

脆弱性診断は下記サイトからできます。
脆弱性対策情報共有フレームワーク – MyJVN

今回参考にさせていただいたサイト。
【パソコン人質】 偽セキュリティソフト型ウイルス Live Security Platinum 【身代金脅迫】

前の記事を見る »