【カンタン更新ホームページHPデモ体験できます。】
----------------------------------------

ブログTOPへ戻る

« | »

2010.01.08

ホームページの目的設定には「費用対効果」も考える!

名古屋のホームページ制作会社 満腹会社WWCことWell-Wisher.Com(ウェルウィッシャードットコム)代表の早崎です。

世の中には素晴らしい解析ツールが開発されているので、Webサイトは他のメディアよりも効果を数字で出しやすいと感じます。

企業の方や商売をされている方がホームページを作るのであれば、紙やテレビ、ラジオなどのメディア同様「費用対効果」を考えるべきです。

企業である以上、商売をしている以上、費用対効果の出ないことはしてはいけませんよね?

ホームページは以前、万能的な役割を担うことができると、この記事でお話しました。

様々なことはできますが、一つのホームページでは能力は限定されてしまいます。

何個もホームページを持っている場合、目的をそれぞれ持たせれば様々な役割ができます。

目的の種類についてはこちらの記事に載っているのでご覧ください。

ホームページを作れば、

「集客も増える」
「購入も増える」
「リピーターも増える」
「信頼も増える」
「問い合わせも増える」

・・・と勘違いされる方もいます。

しかし、

集客をメインとしたホームページで、販売も同じくらいの効果を上げようとしても、現実的には厳しいのです。

制作者は最初に設定した目的を果たすために、デザインを作り、機能を作り、内容を作っているのですから、あれもこれもの目的を果たそうとするホームページは、

逆にユーザーにとっては何が伝えたいのかわからない、使い勝手が悪いWebサイトになってしまうのです。

ホームページは基本的に当初の目的に沿って、長い間運営していき、その間にボリュームも大きくなっていきます。

なので、ホームページの目的を明確にして、それを果たすために「費用対効果」も計算するようにしましょう。

Webサイトの費用対効果は単純に、売り上げだけではなく、認知度、顧客獲得、顧客満足、資料送付、アクセス数アップ・・・などの指標も行いやすいのです。

Webサイトは効果を数字で出しやすいメディアなのです。

「自分の商品やサービスで、できる費用対効果を考えましょう!」

これからホームページ制作をお考えの方はできるだけ、制作前の段階で設定してくださいね。

自分の商品やサービスで、できる費用対効果がわからないとゆう方は、無料で相談に乗りますのでお気軽にご相談ください

トラックバックは締め切りました

トラックバック

コメント

コメントをする