【カンタン更新ホームページHPデモ体験できます。】
----------------------------------------

ブログTOPへ戻る

« | »

2010.01.22

ホームページ制作で失敗しない方法

名古屋のホームページ制作会社 満腹会社WWCことWell-Wisher.Com

(ウェルウィッシャードットコム)代表の早崎です。

今回はホームページ制作で失敗した話(事例)の続きです。

まだご覧になっていない方、まずはそちらをご覧ください。

では、続きの始まりです。

Webサイト、ホームページ、IT、インターネット。

上記のような言葉自体が苦手な経営者って多いんです。

コンピューターに詳しくない方々はあまり関わりたくないと思い、ホームページ制作の時も全て任せっぱなしにしてしまいます。

全てを丸投げにしていては、たとえ高いお金を払って、お洒落なデザインにしても、売り上げにつながらないというのは少なくない話です。

確かに見た目のデザインも僕は重要だと思います。

しかし、それだけではなかなか売り上げには結びつきません。

制作会社は依頼者さんの業務内容や商品のことを理解したつもりでも、全てを理解できているわけではありません。

一番理解しているのは、依頼する側なんです。

全てをやってくれる制作業者もあります。しかし、普段お客さんに説明する時のセールストークを制作業者が同じように使えますか?

難しいでしょう。

「セールストーク」=「説明文やキャッチコピー」につながるので、せめて説明文とキャッチコピーを作る段階までは一緒に考えてください。

これも考えないとなると、「売ること」=「営業、販売」を放棄することと同じなんです。

売る物がない写真

自分の伝えたい事は、自分も参加して考えてください。

そして、アツく伝えたいと想えば想うほど、他社との差別化が生まれることをわかってください。

あなたや周りの方でJ社のような経験をされた方はいませんか?

こうならない為にも上記で述べたことは最低限、参加してくださいね!

トラックバックは締め切りました

トラックバック

コメント

My life will be changed because of you. I am not sure where you’re getting this information, but great topic. Any more information? It would be greatly appreciated. You clearly understand what you’re talking about.

コメントをする