WWC HOME > ツイッター活用基本

Twitter(ツイッター)とは?

貴重な情報収集・発信源として多くの方に活用されているツイッター。
その活用法は様々で個人と大企業とがつながりを作ることも比較的容易なことから、ビジネスでの効果的なツールとしても大きな注目を集めています。
では、そもそもTwitter(ツイッター)とはどんなツールなのでしょうか?

ツイッター概要

Twitter(ツイッター)とは、ブログ・SNSとチャットの中間のようなシステムです。

利用者は140文字以内で「ツイート(つぶやき)」を投稿し、1ツイートごとに固有のURL(アドレス)が割り当てられ、自分の投稿とあらかじめ「フォロー」したユーザー(登録した他者)の投稿がリアルタイムに表示されます。

例えば「お腹減った」とあなたがつぶやいたとします。そのつぶやきを見た人が「俺も腹減った」「今日は何食べるの?」みたいな感じで応答してくれます。このようにメールやチャットに比べて「ゆるい」コミュニケーションがツイッターでは生まれます。

一方「キーワード検索」すると「キーワードを含んだ投稿」のページが生成され、「そのキーワードを含んだつぶやき」がリアルタイムでページの上から下へ流れていきます。

ツイッター画像

先ほどただ「お腹減った」とつぶやいたと仮定しましたが、
例えば「お腹減った。〇〇周辺で美味しいラーメン屋さんがあったら教えて?」とちょっと工夫してつぶやくだけで、そのつぶやきを見た人が、近くで知っていたとしたら、「〇〇デパートの向かいに〇〇〇っていう味噌ラーメンの美味しい店があるよ」と教えてくれるかも知れませんよね。

このように、ツイッターを上手に使いマーケティングをはじめ、様々なビジネスに活用してみてはいかがでしょうか。

上部へ戻る

ツイッターは3つの要素から成り立っています。

ツイッター3要素画像
上部へ戻る

懸念されるリスクと現状

懸念されるリスクと現状画像
上部へ戻る