WWC HOME > ツイッターって何? > Twitter(ツイッター)の使い方(コツ)

Twitter(ツイッター)の使い方(コツ)

ツイッターを活用するにあたって、ただ好きなことをつぶやいていればうまくいくわけではありません。ここでは、ツイッターの効果からうまく使いこなす方法をお伝えします。
また、弊社ではツイッターの導入支援セミナー個別・相談を承っております。

ツイッターの効果

ツイッターを上手に活用するにはツイッターを使うことによる効果をおさえておきたいですね。
ツイッターを使うことで下記のような効果があります。

ツイッター画像

見込客の創出!
情報発信・対話

ブランド構築!
安心感発信

リアルタイムな情報・ニーズ収集!
マーケティング活用

サービス・製品案内!
伝播力活用・口コミ

トラブル回避!
自社ブランド損失回避

ネットリテラシー向上!
活用能力向上

これだけ多くの効果が期待できます。
これだけでも使う価値のあるツールですよね。

上部へ戻る

ツイッターの利用方法

実際にはどんな利用方法があるのでしょうか。
業種によって様々な利用方法が考えられます。例えば企業で利用する場合下記のような運用が考えられます。

自社運用・携帯更新が可能
更新費用、手間なしで自社の最新情報が簡単に発信できます。

非公開設定
決められた人だけ公開する設定も可能なので、社内間だけの情報共有利用ができます。

企業ブランド力向上
迅速な対応や考え方などの情報発信姿勢が好感をよびます。

リクルート活動活用
求人・採用時にも活用可能。実際に弊社では、応募実績が多数ございます。

トラブル回避!
自社ブランド損失回避

ネットリテラシー向上!
活用能力向上

上部へ戻る

ツイッター運用活用の失敗時に見られる現象

薫田イラスト

次のような環境では、ツイッターを100%発揮できませんのでご注意ください。

フォロワーが少ない(2桁しかいない)

すぐに結果を求めてしまう。

担当者が義務感で使っている。

これらをわかってツイッターを使うのと、知らずに使うのとでは大きな差が出てきます。

上部へ戻る

ツイッターの効果まとめ

ツイッターとその他の媒体との情報発信・活用面比較をしました。

ツイッターの効果一覧画像

ツイッターは情報発信能力や活用力においての効果はとても高いツールです。
しかし、ツイッターを使っているからといって儲かるといったイメージは持たないで下さい。
Web媒体や紙媒体など様々な媒体とツイッターを組み合わせて使うことでクロスメディアを効果的に活用できるのです。

弊社はツイッターの運用支援セミナー個別相談を承っております。

運用支援ではどの様にすると効果的か?を御社の実運用による試行錯誤時間を大幅に短縮し効率よく運用・稼動できます。

セミナー・個別相談では、900時間のノウハウとして実経験談・失敗談をお伝えできます!そして、効果的口コミ効果を得る技術をお伝え致します。小手先の技でなく感情とツールの融合です。

上部へ戻る